皆でかなえる、皆で繋がる
シルバーサービス研究会に参加して
こんにちは。
かなえるリンク広報部の井戸です
すっかり季節も春めいてきて、気分も自然と楽しくなってきますね。

さて、先日3月25日に大阪市内で開催されました、シルバーサービス研究会にスタッフ3名で参加してきました。
テーマは「介護保険 今後の制度改正の方向性」について。
桜美林大学大学院教授の白澤政和先生にご講演いただきました。

認知症患者の推計、国の今後の施策、動向などを踏まえ、超高齢社会と言われる2025年の介護保険制度の姿を説明していただきました。
特に介護保険制度の今後の方向として、介護給付の重点化・効率化、地域包括ケアの推進という点は、介護保険事業者として常に新しい情報をキャッチしておく必要があると感じました。
そういった点からも、今回の講演は大変有意義なものであったと思います。
今回で年間の研修スケジュールは終了しましたが、来年度もぜひ参加したいと思います。


白澤先生を囲んで記念撮影
写真



人事部奮闘記録2
花粉症デビューした人事部の中道です

ブログ写真25 3 25 1


3月上旬、初の教育・研修部と共同して仕事をおこなう機会がありました。
内容としましては、研修費の助成金に関するものです。

これがうまくいけば、より質の高い研修ができるかもしれないと期待しながら、詳細な内容を聞くために助成金センターへ私と教育・研修部の責任者のSさんとで伺いました。

その場である程度の説明を受け、事業所へ戻って、「さあ今年の教育研修スケジュールや申請書類を作成しよう」と私たちは意気揚揚に取り掛かりました。
お互い口論になり、周りに心配されながらも約1週間である程度の研修年計画や申請書を作成しました。

そして、3月14日にそれらの書類を提出するために、私と教育・研修部の責任者のS川さんで再び助成金センターへ向かいました。

提出の結果は・・・・


マラソン大会で例えると、
スタートしてすぐの分岐点で、右に行かなければならないのに、左に行ってしまい、そのままゴールしようとしたら大会の係員から「途中のコースが違いますね。申し訳ありませんが、このままではゴール出来ません。」と言われる。そのような結末になってしまいました。

私と瀬川さんは、帰り道で「仕事の厳しさ、社会の厳しさを知りましたね。」と語り合いました。


帰り道の瀬川さん
ブログ写真 25 3 25 2

人事部奮闘記録1
以前、仕事にて上司と二人で外出する機会がありました。

その際、上司の上着(スーツ)が出発直前に事務所内で紛失する騒ぎが起き、社員総出で上着を捜索しました。

その結果・・・


ブログ用写真 25 3 21




部下の私が自分の上着と間違えて上司の上着を着用していました。
(無事見つかってよかったです



そんな私は、人事部門に所属している中道と申します。

今回は、当社の人事部業務のひとつである、
新入社員健康保険加入手続きについてのエピソードを書きたいと思います。

健康保険被保険者資格を取得する際に、
年金事務所へ提出する書類として「健康保険被保険者資格取得届」があります。
その届出書には被保険者住所を記入する欄があり、その欄へ、対象の社員の住所を記入しようとした際、

「ん?このAさん(新入社員)、今、住んでいる住所と住民票上の住所が違う・・・。
どっちを被保険者住所として記入すればいいのだろう?」と悩んでしまいました。

皆さんは、どちらを記入するのが正解だと思いますか?



年金事務所の担当者へ問い合わせた結果、「どちらでも構いません。被保険者住所は書類等を郵送するために必要なので、郵送物が受け取れる住所を記入してください。」と返答いただきました。

なるほどね~


労務関係の業務を行っている人からしてみれば、何のこともないことかもしれませんね。


中道

港区医師会在宅医療研究会への参加
皆さま、こんにちは作業療法士の瀬川です

「三寒四温」といいますが、まさしく言葉通りの気候が続いています。
体調を崩さないように気を引き締めていきたいと思います。

さて、去る3月9日(土)に
当ステーションスタッフ3名で、
第14回 港区医師会在宅医療研究会へ参加してきました。

参加者は医師の方々をはじめ、看護師さんやケアマネジャーさん、介護士さん・・・
さまざまな職種の方が参加されていました。

テーマは緩和ケアについてです。

講師の方々のお話を聞きながら、
「そうなのか・・・」「なるほど」と約2時間勉強させてもらいました。
勉強会に参加して感じたことは、
ご利用者に対してのインフォームドコンセント(説明内容や時期も大切…)や関わる人たちとの連携の重要性です。

ご利用者の大切な時期に私たち療法士が関わらせていただくということ・・・
「何ができるのか」「何を求められているのか」・・・

きっと答えはないと思いますが、ご利用者と関わらせていただく時間の中で少しでも「辛い」「痛い」・・・
時間を少なくするお手伝いをするために関わる人たちとの連携や、
ご利用者が発信する信号に気づく努力をしなければならないと感じました。

地域でのリハビリに関わる上でとても大切な内容を勉強させていただきました。
もっともっと勉強をしていきたいと思います

ちなみに…
6月には「多根総合病院緩和ケア研修会」が開催されるようです。
Excel勉強会
昨日は、事業運営事務部、財務部門、総務部門、人事部門合同で、
エクセル関数の勉強会
を開催しました。

日々、各セクションで膨大なデータ処理をしているので、
より一層業務効率化を図るために、事務・総合職の皆さんで一生懸命勉強されていました。

講師は、財務部門の徳原さんです。丁寧な説明で、業務に結びつけてわかりやすく説明してくれました。

しかし、

関本は頭をフル回転しても、ついていけませんでした。。。

いつも、事務・総合職の方々は、会社運営・事業運営を後方支援してくれています。
これも、データ処理のプロ集団あってこそですものね。

いつもありがとうございます。


人財育成本部
関本


ブログ写真 25 3 15

写真(中)

スタッフ紹介 更新しました。
3月入職者 
スタッフ2名(PT1名,OT1名)のプロフィールを更新しました。

泉州圏域サテライト準備室
3月から企画推進本部に、

「泉州圏域サテライト準備室」が設置されました。

準備室の責任者を務めさせて頂きます関本です


泉州圏域は、大阪府の南部に位置し、有名なだんじり祭りがあり、

世界との窓口である関西空港もあり、漁業も盛んであり、泉州名物の水ナスやタオル産業があります。

そんな地域でかなえるのメンバーが走り回れるように、

サテライトを設置できるようにすすめていきます。

地域の皆様に可愛がっていただける事業所つくりを目指します。

これから強化して行きたと思いますので、よろしくお願いします
かなえるユニット制
こんにちは
取締役兼推進・企画本部の平野です。
推進・企画本部は、社内外の事業推進の企画・立案、具現化するセクションとなります。
エリアマーケティング部門・広報部門、地域リンク推進部で組織化され、
新しい取り組みのチーム編成・推進にも大きく関わっています。

基本方針である

☆ご利用者第一
☆地域社会に貢献
☆社員・社員の家族第一



それらを実現するにあたり、かなえたいことは沢山あります。

現在進捗中の企画の一つを今回はご紹介させていただきます。

名付けて、


『かなえるユニット制』


①指針に基づいた価値観の共有
②地域の詳細な情報把握とより現場に近いところでの判断を迅速に遂行する組織創り
③経営的視点を持つ



以上3点を目的とした組織を創ります。


会社が成長するためには、社員が成長し続けることが必須であると考えています。 
その成長の過程には、やりがいも不可欠なものになります。 

また、社員にはライフプランがあり、個別ライフプランに応じたワークライフバランスも重要ですから、
活躍の場は、多種多様。

例えば、
専門職として極めることを目指す。 
管理職を目指す。 
一時的に子育て・ご家族のケアに重点を置く。
経営者になる。(フランチャイジー・関連会社・子会社・独立 等)


多種多様な活躍の場を多く持つこと。 
社会のニーズに応え、進めること。

これらの一環として始動しました。

こんなことを考えながら、新しいことにチャレンジし続けます。
長くなりそうなので、その他の取り組みは、別回で紹介させていただきます。




予告!!

次回は、
泉州圏域○○○○○設置準備室に関してブログアップします。
ご期待ください。
平成24年度認知症サポーターキャラバン報告会
先日、平成24年度認知症サポーターキャラバン報告会へ参加しました。

会場は、重要文化財である中央公会堂でした。
赤レンガの壁、青銅のドーム型屋根が特徴の歴史ある重厚な建物で、
認知症サポーターキャラバンの方々の日々の貴重な活動を聞くことができ、とても有意義な時間でした。

報告会では、認知症サポーター養成講座の工夫自慢と言うことで、
全国から募集し、選ばれた部門別のグランプリ活動を30分程で、実演を交え発表されていました。

それぞれの地域性があり、地域の方々に合わせた認知症サポーター養成講座を開催しておられ、
その中でも、「なるほど!そう伝えるとわかりやすい!」
と思う講座スタイルもあり、すごく勉強になりました。

地域の方々と一緒に認知症に対して理解を深めサポートする事の大切さを再確認する一日でもありました。

私たちも早く、地域の方々に貢献できるよう頑張りますので、宜しくお願いします。

ブログ写真 25 3 05 ver2



ホームページリニューアル!!
こんにちは。
広報部 井戸です
本日ブログ3つめのアップです!

表題の通り、3月1日よりかなえるリハビリ訪問看護ステーションのホームページを
リニューアルしました。

サービスについて、ご利用案内、スタッフ紹介、会社概要と各コンテンツの内容を充実させていただきました。
見やすく、わかりやすいホームページを心掛けていきたいと思います。

今後もさらに内容を充実させて、情報発信をしていきたいと思いますので、
皆様、当ホームページのブックマークをよろしくお願いいたします


かなえるリハビリ訪問看護ステーション 
http://www.kanaerulink.co.jp/
地域へのご挨拶まわり
こんにちは!
地域において医療と介護の連携を推進させたいと考えている訪問看護部門の看護師 西郷です。

2月には、入社する療法士と関わりのある大阪市内の病院やクリニック・居宅介護支援事業所様へ事業所開設のご案内を中心にご挨拶をさせていただきました。
また、大東市や四條畷市、藤井寺市周辺にもこれまで連携を取らせていただいていた繋がりから、
数ヶ所の病院やクリニック・居宅介護支援事業所様にもご挨拶まわりに伺わせてもらいました。

経験豊富な療法士や看護師が多く在籍しているので、
必要として下さる多くの方々にサービスを提供したいという気持ちで満ちあふれております! 

しかし立ち上げたばかりの事業所です。
地域の方々に信頼を得るためには、活動実績・知名度が大きく関わっていることを痛感しています。
今後は、顔の見える事業所として地域からの信頼を得られるよう、コツコツ実績を積んでいきたいです。


ブログ写真 25 3 01 2
生活行為向上マネジメント勉強会
こんにちは。
作業療法士の紙谷です

今回は、サテライト東に療法士が5名集まり
生活行為向上マネジメント
について勉強会を行いましたので、ご紹介したいと思います。

2月15日付けの作業療法フォーラムについてのブログでも一部掲載しておりましたが、
「生活行為向上マネジメント」とは、人がいきいきと意欲的に生活を行えるように支援することをいいます。

手順としては、対象者の思いの聞き取り→アセスメント→プログラム・支援方法の提示→他職種との連携の順で進めていきます。
今回の勉強会では、対象者の思いの聞き取りを療法士同士で実践してみました。
聞き取りは、ただ思いを聞くだけではなく、興味・関心が項目分けされたシートを使います。
そうすることで、対象者の思いを詳細に聞けるといった利点があります。
対象者の思いを具体化できると、リハビリへの意欲の向上にもリンクします。

今回の勉強会で、目標を具体化できるということを確認できました。
今後は現場で実践した事例を、次回の勉強会で持ち寄り検討していきたいと思います。
今後も進捗状況を報告していきます

ブログ写真 25 3 01


Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.