FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
~大学での講義~ 新入職員同行
こんにちは!新入職員の下川貴大です。

2週間の研修プログラムも終わり、現在は先輩職員さんの
同行訪問や地域の介護予防事業への参加、訪問リハビリを
支えている会社内での作業などを経験しながら、日々勉強中です!
様々なことを経験させていただいているので、本当に充実した毎日を
送ることができています。
その中で4月29日、伊藤さんが午前は大阪体育大学、
午後は大阪河崎リハビリテーション大学に講義に行くということで
今回そこに同行させていただきました。

午前は特別支援教育の教員になるために必要な講義を聞きました。
講義の内容は、乳幼児の運動・心理面の正常発達についてでした。
子どもたちにとって重要な存在になる教員へ作業療法士として
知識を伝えていくことは、将来的に支援が必要な子どもたちが
より生活しやすい環境づくりへとつながっているんだと実感しました。

午後は大阪河崎リハビリテーション大学の作業療法学科に在籍する
生徒に対しての講義でした。

伊藤さん 講義③


実際の赤ちゃんの映像を見ながら、その時期の赤ちゃんにはどのような
特徴がみられるのか、赤ちゃんが成長していくにはどのような機能の
発達が必要なのかを実技を交えて話されていました。
実技もあり、学生さんも興味を持ち、「私も見てほしい!!」など
積極的な発言も多く、楽しそうに講義を受けていました。

伊藤さん 講義①



少子化が進む現在ですが、発達障害をもつお子さんは増えている現状の中、
今後そのような子どもたちに関わる可能性の高い人たちへの講義を
聞くことができ、勉強になることが多かったです。
自分自身、学生時代の講義で学んだことも多い反面、忘れていた部分も
あったので、これからも勉強を続けていきたいです。


作業療法士 下川 貴大

スポンサーサイト



Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.