FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
勉強会を通して、感じたこと
2月12日に東大阪市のある特別養護老人ホームで、
東大阪エリアのリーダーである五藤作業療法士が
施設のスタッフの方と業務中のリスク管理について
勉強会を開催しました。

開始時間が19:30~にも関わらず、30名ほどの方が
参加してくださり、感謝♪感謝♪です。

勉強会の内容としては当事業所の新入職員で
絵心のある釘宮理学療法士が描いた居室・送迎中のイラストを元に、
予測できるリスクについてグループワークを行ないました。
グループワーク中はスタッフの方から次々と意見が出ており、
現場スタッフの方の日頃の意識の高さを感じられました。
そのためこちらが考えていたリスクを上回る多くの意見が聞け、
とても勉強になりました。

普段、僕は施設に訪問させて頂いてリハビリを行なう事もあります。
その際に利用者さんの生活状況をよく知っておられるのは
施設スタッフの方で、色々と情報を頂いてリハビリさせて頂いています。
普段の生活状況を知れることはとても有り難いことで、
介護・医療の連携はお互いの持っている情報を交換すること、
お互いを知っている事が大事ではないかと思います。

今回の勉強会は講師と受講者の構図のものでしたが、
今度は事例などを介護の視点、リハビリの視点で
お互いにどうするかなどをディスカッションし、
お互いが得意な事を知れるような勉強会(出会い)が
出来ればいいなと改めて思える日となりました。
このような機会に感謝です。
参加いただいた皆様、有り難う御座います。

春光園 2月12日 勉強会


作業療法士 渡邊 雅斗


スポンサーサイト



Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.