FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訪問場面で気をつけていること
地域リハビリへ転職し早くも3年が経とうとしています。
病院でのリハビリテーション勤務を経験して病院とは異なる
訪問看護ステーションからの訪問リハビリに転職したうえで気をつけていること、
バイタルサインのチェックや緊急時の対応などリスク管理は当然として
お宅にお伺いする上で特に私が気をつけている“気持ち”の持ち方についてお伝えします。

自宅では“患者さん”ではない!?

①


病院では“患者さん”であった方も退院して自宅に帰ると
お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんの顔に変身します。
その方々で退院の背景は異なりますが住み慣れた家に帰ると
病院では見せなかった表情や振る舞いを見せてくれます。
病院では“患者さん”だったかもしれませんが
自宅で見せてくれる“その方らしさ”を尊重し
それに気づけるように心がけています。
具体的にはご本人だけでなく家族の方にもできるだけ話しを聞くことです。
家族からみた“その方”を知ることで家庭での顔が見えてきます。

また、自宅での生活空間に目を配ります。
飾ってある小物や写真、部屋の雰囲気、片付けの様子やリモコンなどが
手の届くところにまとめられているベッド周りなどに目を配ることで
なんとなく生活がイメージできると思います。
今までこんな感じで生活してたんだなぁと少しでも知るきっかけを探せば
“その方らしさ”を知る事に近づけるのではないかと思います。

訪問時間はきちんと守れていますか?

②


自分の家に他人が入ってくるとどう思いますか?
時間通りにくるか早く来るか、はたまた遅れてくるか。
心づもりというものがあります。
時間が決まっている時はできるだけ時間通りに行きます。
早く着いてもしばらく待ちます。
片付けて下さっている最中かもしれません。
着替えてくれている最中かもしれません。
起きたばかりかもしれません。
慌ててお食事を摂られているかもしれません。
それとは逆にまだかまだかと早くから待って下さっている方もいます。
待っている時の10分って長いですよね?
遅れる時は電話します。たとえ10分でもです。
待っている時の10分が長いことを知っていれば皆さんもそうしませんか?
ということで“時間通り”に気をつけています。

利用者さんのホームグラウンド

③


よく病院で見かけたのは病室にノックも声かけもなくいきなりカーテンをガシャッ!
「◯◯さん、リハビリですよ!」っていう光景です。
このマインドでは訪問リハビリは通用しません。
利用者さんのお宅にお邪魔させて頂くのです。
自分の持つ雰囲気は不快でないか、威圧感を与えていないか、
礼儀は守れているか、慌ただしくドアを開けていないかなど、
ご自宅の雰囲気にできるだけ早く溶け込むように努力します。

訪問しているといろんな性格や価値観を持った方がいらっしゃいます。
1人ひとりそれぞれ違うのが当たり前です。
しかし、どのような方にでも受け入れてもらいやすいように努力することは
私たちの仕事には必要なことだと実感しています。

作業療法士 藤田 康雅
スポンサーサイト
社内勉強会 ~選ばれるセラピストになろう~
こんにちは。教育研修部門、理学療法士の門田淳志です。
今回のブログでは、5/23(土)に開催されました、
社内勉強会について紹介させていただきます。

今回は社内勉強会の講師として、
中央区で在宅を中心にご活躍されている、
寺内クリニックの寺内勇先生にお越しいただき、
内容盛りだくさんのご講義をしていただきました。

寺内先生 5


勉強会は、寺内先生のご講義の内容をもとに、
参加社員それぞれが地域連携について意見を出し合いながら進行していきました。
勉強会では①選ばれるセラピストとは?②多職種連携の大切さ
③連携とは?④それぞれの職種に求められること⑤医師との具体的連携方法、
などの内容を中心にご講義いただき、
どの項目についても利用者様により良いサービスを提供させていただくために、
その必要性をしっかり考えておく必要があるものばかりでした。

特に⑤の医師との具体的連携方法については、
寺内先生の立場や病院勤務医や在宅医の1日のスケジュールを参考に、
電話がつながりやすい時間帯、過密スケジュールの医師に
電話でうまく要件を伝える会話の方法、
医師からの信頼を得るための連携の方法など、
明日からの仕事に繋がる内容をご講義いただきました。

勉強会終了後の懇親会でも沢山の意見交換をさせていただき、
本当に内容盛りだくさんで個人的にも大満足の勉強会となりました。

この勉強会をきっかけに、今後も地域や多職種との関わりを大切にし、
仕事に取り組んでいこうと考えております。

寺内先生 2


かなえるリハビリ訪問看護ステーション
理学療法士 門田 淳志

「小児勉強会 定期開催」 5/21
当事業所では、小児病院での経験豊富な作業療法士の伊藤により、
月に1回小児分野の勉強会を開催しています。
病院ではリハビリを受けることが出来ますが、
地域に帰るとリハビリが受けられない障がいを持つ小児がいることが現状です。
在宅であっても、早期から(特に6歳までに)適切なアプローチを行うことで、
発達や就学に大きな影響があると言われています。

今月の小児勉強会の内容は
「臨床に活かせる正常発達知識のまとめ~ADL指導の応用~」でした。
子どもたちの障がいは様々で、同じような障がいに見えても、
結果が違うことが多々あります。
脳障がいだけでなく、発達障がいへの理解、
また、活動や環境(母親や家族)に働きかけを強化する必要があると言われていました。

治療的応用として、特に10ヶ月までの発達は、
感覚情報処理(脳の発達)の基盤となる重要な内容を含んでいます。
また、その場に療法士として関われたのであれば、
治療に取り組んだ経験は、発達障がい児や健康な子どもたちの育成に
大きく貢献できるものと思いました。

上肢・上肢帯の安定性と運動性(バランス)の発達は、
3~6ヶ月頃までと言われています。
この時期に、上肢の支持性が弱くても、うつ伏せの状態で枕やクッションを入れることで、
楽に上肢の支持性を促す実技を行いました。
他にも、あお向けの状態から足を動かして寝ころびを促す介助方法の実技もされ、
大変勉強になりました。

ブログ2


発達領域の分野は、他にも当てはまることですが、
知らないと怖いですし、出来ない。
母親や家族は、独自のネットワークがあり、
そこで様々な情報を入手していますので、
療法士として関われる経験を大事にし、
児を取り巻く環境をしっかり考えられるようになりたいと思いました。
今後も、発達領域の分野の研修会や勉強会に参加していきたいと思います。

ブログ3



作業療法士 鎌田 亮平
旗持ちしてきました
5月某日

この日は、とてもさわやかに晴れた日でした。
そして、今日は、いつも子供たちが通っている通学路に
交通安全の旗を持ち、蛍光色のベストを着て、
安全に通行できるようにお手伝いする日でした。

私は、信号のあるそれなりに交通量がある交差点で旗持ちを行いました。
旗持ちしている時に、子どもの友達に
「あっ だれだれのお父さんや」「○○のお父さん、何してんの?」と
声かけてくれたり、全く知らない子供たちから
あいさつをされたりして、この住んでる地域は、
なんかあったかいなぁって感慨深いものがありました。

実際に旗持ちをしていて感じたことは、小学生でも低学年では、
信号が赤でもふざけて道路に出ようとしたり、
車では、信号が黄色になってからスピードを上げて
信号をこえようとしたりで、ちょっとした場面の危険な点を再確認する
いい機会になりました。
また、最近増えてきていると思いますが、自転車は大人が乗っていても
結構信号無視をするんだと、ちょっとビックリすることもありました。

今、訪問リハビリで車を運転する機会がとても多いので、
この旗持ちから見た危険ポイントを意識しながら、
安全運転をしないといけないと、改めて思い返しました。
そして、利用者様宅に予定通り安全に到着することは、
自分の中でも大事な一つだと思いました。

20110415073830.jpg


理学療法士 廣澤 隆行
「想ひつながる作品展」 開催! in泉州
ご無沙汰しております。所長の関本でございます。

少し汗ばむくらいに暑い日が続く今日この頃ですが、
いかがお過ごしでしょうか。
急に気温が上がると身体がついていけず、
知らず知らずのうちに脱水となり、
いわゆる「かくれ脱水」になっている事があるので、
こまめな水分補給を心がけてくださいね。

今回、かなえるリハビリ訪問看護ステーションサテライト泉州では、
街の喫茶店・診療所とコラボして、
喫茶店にて「想ひつながる作品展」を開催することとなりました。

ご利用者によっては、病や障害と向き合いながら自分らしくある為に、
ライフワークや趣味活動として創作活動に取り組まれております。
その「キラリッ!」と光る自分らしい一面をクローズアップできないかと思い、
にしだJクリニックの西田先生にご相談したところ、
快くご快諾頂き喫茶店café de JUJUともコラボさせて頂く事となりました。

作品展 チラシ


チラシの表題は、岸和田在住の青木紀久子さまが書いてくださりました。
このたくさんの想いがつながることを願って、心ばかりですが、
お茶もご用意してお待ちしております。
休日の昼下がりに、お茶を飲みながら皆さんの「キラリッ!」に触れてみませんか。
ご家族・ご友人の方と一緒にお出かけするきっかけにもなれば、
すごく嬉しく思います。
サテライト泉州のスタッフ一同お待ちしておりますので、お気軽にお越しくださいね。

かなえるリハビリ訪問看護ステーション
 所長  関本 充史


新入職員紹介
はじめまして!

5/1より入職しました作業療法士の鎌田亮平と申します。
以前は、介護職員として泉州地域の重度訪問介護と
移動支援を中心に活動していました。
これまでの介護職の経験を生かしながら、
今後は作業療法士として経験を積み重ねていきます。

訪問リハを選んだ理由ですが、ご利用者の皆様が実際に生活されている
地域・場所で関わりたいと思ったからです。
その場でしかわからないこと、困っていることや思いを、ご本人様やご家族様と
足並みをそろえてサポートしていきたいと思います。

今後とも、日々の積み重ねを、
大切にしながら成長していきたいと思います。
将来的には、どんなことでも相談できる関係が築ける人間性と、
作業療法士として求められる知識と技術、
なによりハートを持った人材を目指していきます。

趣味は多数ありますが、ここ最近はフットサルが楽しいです!
まだ初心者ですが、この前ようやく「ラボーナ」というボールの蹴り方が
形になってきました。初めて出来た時は、思わずガッツポーズをしていました。
練習も楽しいのですが、やはり他チームとの試合が盛り上がります!
医療業界の中にもフットサルチームが多くありますので、職種関係なく、
色々な方と巡り合えたらと思います。

仕事とプライベート、どちらも妥協せずに頑張っていきたいと思います。
これからチームの一員として、責任と成長を忘れずに精進してまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

鎌田OT



作業療法士 鎌田 亮平
勉強会告知~サテライト泉州より~
ケアマネジャー向けの勉強会を、来る5/19(火)に開催いたします。
題して「訪問リハビリ活用術〜事例を通して〜」。講師は当事業所の池内PTです。
時間は15:30〜16:30、場所は泉の森ホール2F会議室(中)となっています。

まだ少し空席がございますので、ご興味ある方ぜひお申し込みください。
コメントでのお問い合わせやお申し込みもお待ちしております。

泉州勉強会 5 19


かなえるリハビリ訪問看護ステーション
新入職員紹介
5月1日より入職し、泉州地域で活動させて頂く
理学療法士の北野律子と申します。

入職前は病院で勤務していましたが、訪問とデイケアも少し経験しています。
病院で働いていると回復されて退院された患者様が、
自宅で転倒されたり、二次障害で再入院されることがしばしばありました。
そのような患者様をお見かけする度に
機能を維持していく事の難しさを感じておりました。
微力かもしれませんが、セラピストとして少しでもお役に立てればと思い、
今回訪問に従事しようと思いました。

プライベートでは3才の子どもがいます。
趣味はガーデニングで、子どもと土いじりを楽しんでいます。

地域の皆様に貢献できるよう精進していく所存ですので、宜しくお願いします。

理学療法士 北野 律子
若年性パーキンソン病を知っていますか?
風にそよぐ木々の緑もまぶしい季節となってまいりました。
作業療法士の永吉琢也です。
唐突ですが、皆さんは「若年性パーキンソン病」を知っていますか?
今回は、以下の本を紹介してみたいと思います。

永吉さん 5月


「若年性パーキンソン病を生きるーふるえても、すくんでも、それでも前へ!」
秋山智編著 長崎出版

50~60歳代で発症する方が多いことで知られるパーキンソン病ですが、
患者全体の5〜10%程度の割合で40歳未満で発症される方がおられ、
そのようなパーキンソン病を「若年性パーキンソン病」と言います。
(驚くことに、中には10代で発症される方もいます)

ちなみに、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で有名な
マイケル・J・フォックスも、30歳の若さでパーキンソン病を発症した
この若年性パーキンソン病患者の一人として知られています。

今回紹介するこの本は、私が現在担当している利用者さんから
勧められた本で、その方も40歳手前で発症された
若年性パーキンソン病の患者さんです。
彼女は、既に10年以上もこの病気と付き合いながら、
理解のある旦那さんと一緒に大好きな東方神起のコンサートに出かけたり、
ハングル語を習いに行ったり、卓球やポールウォーキングを行うなど、
前向きに日々活動的に過ごされている方です。

若年性パーキンソン病の患者さんは、まだまだ働き盛りであったり、
子育て世代であったりと、病気を患っていながらも
一般社会に出て行かざるを得ない状況に置かれます。
職を失うことの不安や、肉親や友達等に心配をかけたくないという思いなどから、
周囲に対してパーキンソン病であることを必死で隠して、
薬を飲んでいる方が多いのが現状です。
現在のパーキンソン病の治療薬はあくまでも対症療法であり、
薬が効いている間はしっかり動けるのに何時間かすると動けなくなる、
その繰り返しの中で過ごしておられます。
またたとえ薬が効いていても、ジスキネジア(不随意運動)や
すくみ足などの副作用・症状に悩まされています。
将来に対する様々な不安を抱えながら、病気を隠して働き続け、
それでもいつかは限界が来て仕事を辞めざるを得ない方、
中には夫婦関係すら上手くいかなくなり、幼いわが子とも離れざるを得なかった方。
病気以外にも色んな事と闘い、それでも前向きに進んでいこうとされている、
そんな方々の赤裸々な体験談がこの本には綴られています。

読み進む内に涙が止まらなくなったり、考えさせられたりしながらも、
いつの間にか読む方が勇気付けられている、そんな素敵な本です。

※この本ですが、出版社(長崎出版)が今はもう無いので、
いわゆる絶版となっています。
それでもアマゾンで調べると2,300円程度(元の定価は2,000円)で中古品が出ています。

作業療法士 永吉 琢也
メニエール病ではなく、くも膜下出血!
先週、義母がくも膜下出血で入院しました。
本人は入院の2日前に頭痛や吐き気の自覚症状があったのですが、
メニエール病を患っていたので今回も同じと思い耳鼻科を受診していました。
鎮痛薬を処方され一時は頭痛がおさまったものの
再び痛くなり嘔吐していました。
そんな状態を知り、CTのある病院を探し受診を勧めました。
受診結果は、くも膜下出血を起こしておりすぐに入院・手術となりました。
幸い、一命を取りとめ回復へ向かっています。

 くも膜下出血は、「バットで殴られたような」 と表現される
今までに経験したことのないような頭痛とよく言われますが、
軽い頭痛の場合もあります。
母の場合も激しい頭痛ではなく、自転車をこいだり
シャワーを浴びたりしていました。
その時に悪化していたらと考えるとすごく恐ろしいです。
頭痛ではなく、首の付け根からうなじのあたりにかけて痛みを感じたり、
首すじが硬直、ひどい肩こりを感じるケースもあります。

 いかに病院に早く行き、適切な治療を受けられるかによって、
くも膜下出血はその後の状況が大きく変わってきます。
ほんの数秒の違いが命取りになったり、
後遺症につながったりしますので、
普段感じられないような頭痛が起こったら注意してください。

作業療法士 平野 真司
Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。