FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メニエール病ではなく、くも膜下出血!
先週、義母がくも膜下出血で入院しました。
本人は入院の2日前に頭痛や吐き気の自覚症状があったのですが、
メニエール病を患っていたので今回も同じと思い耳鼻科を受診していました。
鎮痛薬を処方され一時は頭痛がおさまったものの
再び痛くなり嘔吐していました。
そんな状態を知り、CTのある病院を探し受診を勧めました。
受診結果は、くも膜下出血を起こしておりすぐに入院・手術となりました。
幸い、一命を取りとめ回復へ向かっています。

 くも膜下出血は、「バットで殴られたような」 と表現される
今までに経験したことのないような頭痛とよく言われますが、
軽い頭痛の場合もあります。
母の場合も激しい頭痛ではなく、自転車をこいだり
シャワーを浴びたりしていました。
その時に悪化していたらと考えるとすごく恐ろしいです。
頭痛ではなく、首の付け根からうなじのあたりにかけて痛みを感じたり、
首すじが硬直、ひどい肩こりを感じるケースもあります。

 いかに病院に早く行き、適切な治療を受けられるかによって、
くも膜下出血はその後の状況が大きく変わってきます。
ほんの数秒の違いが命取りになったり、
後遺症につながったりしますので、
普段感じられないような頭痛が起こったら注意してください。

作業療法士 平野 真司
スポンサーサイト
Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。