FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
「みま〜も岸和田始動」
桃の節句も過ぎてようやく春らしくなってきましたが、皆様お元気でしょうか。
作業療法士の永吉琢也です。
今回のブログでは、私の活動する泉州圏域の岸和田市において
地域ネットワークづくりの新しい取り組みが始まっていることについて
書きたいと思います。

岸和田市西之内町という場所に、私たちがいつもお世話になっている
「にしだJクリニック」という診療所があります。
院長の西田先生は地域の医療・福祉に大変熱心な先生で、
普段から担当ケースでお世話になると同時に、昨年5月には私たちの企画した
ご利用者の作品展において多大なご支援とご協力を頂きました。
今年になってにしだJクリニックのすぐそばに新しい建物がオープンしました。
クリニックを訪れた際にも先生から「すぐそこに、コミュニティスペースを作ったから、
いつでも見て帰ってね」と言われていました。
このコミュニティスペースの名称を「みま〜も岸和田」と言います。
と言うか、この建物を活用して西田先生達がこれから行おうとしている
地域活動そのものを、「みま〜も」と言った方が良いのかもしれません。

元々「みま〜も」というのは、東京都大田区において地域包括支援センターの
取り組みとして始まった「おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま〜も)」に
端を発しています。
65歳以上の高齢者の緊急連絡先や健康状態などの情報を
『SOSみま〜もキーホルダー登録システム』(みま〜もシステム)に登録し、
個々に連絡先などを記したキーホルダーを身につけてもらったり、
健康・自立・住宅などをテーマに高齢者向けの講座を開いたり、
他業種とも連携したイベントなどを行っています。
平たく言えば「まちづくり」「地域のネットワークづくり」の取り組みであり、
地域の商店街なども巻き込んだ真の意味での「地域包括ケアシステム」づくり
の手法で、大田区のこのやり方は現在日本各地から注目されています。

どうやら昨年西田先生と看護師の奥野さんが、
「おおた高齢者見守りネットワーク」から「みま〜も」の暖簾分けをして頂いたようで、
ここ岸和田の地でもこのコミュニティスペースを拠点として「みま〜も岸和田」を
スタートさせることになったようなのです。(下記URL参照)
http://noborisawa.blog121.fc2.com/page-2.html

先日ケースの相談でクリニックに伺った際に西田先生から、
かなえるリハビリサテライト泉州としての賛助会員の登録と、
みま〜も岸和田の運営メンバーとしても関わって欲しいとの要請を頂きました。
私たちが何のお手伝いができるかは分かりませんが、
是非とも参加させて欲しいとお返事をし、賛助会員の登録をさせて頂きました。

永吉さんブログチラシ
永吉さんブログチラシ2

既にプレオープンして何回かセミナー等も行っているようですが、本格的な始動は4/2からとのことです。上は4/2からの「みま〜も岸和田」のオープン案内ポスターです。

image-2_20160317120329adb.jpg
建物の外観です。

image-3_20160317120331672.jpg
建物一階のコミュニティスペースの中の様子です。

行政主導ではなく、民間の団体が自主的にこうした取り組みをしようとしている
こと、そして介護や医療の従事者にこだわらず他業種も巻き込んで地域づくりを
しようとしていることに大きな期待と共感を感じています。
これからこの地を拠点として、岸和田市の地域ネットワークづくりが進めて
いけるよう、微力ではありますが私も、そしてサテライト泉州としても協力させて
頂こうと思っています。


作業療法士  永吉 琢也
スポンサーサイト



Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.