皆でかなえる、皆で繋がる
コミュニケーションの達人とは
春の日差しが心地よい季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
作業療法士の永吉琢也です。
4月より私たちかなえるリハビリ訪問看護ステーションにも、
新しく共に働く仲間が増えました。
新卒の方、すでに医療機関で多くの経験を積んだ後に入職されてきた方など、
色んな立場の方がおられます。

この時期、世間的に皆が関心を持つことの一つに、
新しい環境すなわち職場や学校などでのコミュニケーションというものがあります。
良好な人間関係を築けるかどうかは個人のコミュニケーション能力の問題とされ、
書店やネット上でもコミュニケーション能力向上のための
様々なハウツー本が並んでいます。
私たち地域で訪問リハビリ業務に携わる人間にとっても、
ご利用者やご家族とのコミュニケーションから始まって、
社内だけではなく他職種との連携の際にも、
そうしたコミュニケーション能力を求められる場面が多いことと思います。

今回このブログでご紹介するのは以下の書籍です。
「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」
吉田尚記(日本放送アナウンサー)著

永吉さん 4月


この本は、巷でよく見かける「自分をアピールするためのコミュニケーション術」
のように自己顕示を目的としたハウツー本でも、
「最初は聞き役に徹しましょう」などと言いながら
最終的には相手を都合よく動かすことを目的としたビジネス本でもありません。

むしろ著者は「コミュニケーションに自己顕示欲は要らない」と言い切り、
自身が他者に対するコミュニケーションに苦手さを感じながらも
それを克服してきた体験をもって、
「コミュニケーションの目的はコミュニケーションである」とします。
つまり「コミュニケーションが成立して、そこで感心したり共感したり、
笑い合ったり幸せな気持ちになったり、
そういうポジティヴな感覚を得ることなしに人は楽になれません」と、
本来あるべき「コミュニケーション」の本質を示しています。
「重要なのは、相手にとって興味があるかないかなんです」とも書いてますが、
まさにその通りだと私も思います。

新人の方々も今後の仕事の中で、「自分の考えばかり押し付けてくる」人と
出会うことがあると思われます。
自分の意見をいかに納得させるかということばかりに神経を注いでいる人間は、
社内外問わずよく見かけることでしょう。
また、自身が知らず知らずのうちにそのような人間に
なってしまっていることもあるかもしれません。

「この人と話をするとラクになる。楽しくて、心地よい」
相手にそう感じさせられる人が、実はコミュニケーションの達人。
私たちのような医療職であり対人援助に携わる者は、
「相手に対して優位に立たないですむ技術」を磨いた方が良いと、
私自身の反省も込めて強く感じた一冊です。

作業療法士 永吉 琢也
新入職員紹介 Part 3
作業療法士の和正(わしょう)隼人と申します。
病院回復期で5年、訪問部で2年従事していました。

訪問リハを通じて、地域の方々と関わっていくことの重要性を痛感しました。
訪問ではご利用者が自宅で地域と関わりを保ちながら、その人らしく
活き活きと生活していただく。それをサポートし、ご利用者と共に目標を達成
した時の喜びや達成感にやりがいを感じていました。
これは地域に出ないと味わえないやりがいではないかと思いました。

今、地域包括ケアシステムの構築が進められています。
住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続けられるように
サポートをスムーズに行うための政策です。
その政策に対し、常に最新の情報やシステムを取り入れている
バイタリティ溢れるこの会社に魅力を感じ、この会社で働きたいと思いました。

私は社会人として、サラリーマンを経験後、作業療法士となりました。
今までの経験を地域の皆様に貢献できるよう頑張りたいと思います。

プライベートでは、2人の子供がいます。
日々、元気と癒しと少々の疲労をもらっています。
趣味は旅行や映画鑑賞、読書(小説、マンガ)、と少々インドア派です。

これから宜しくお願い致します。

ブログ (和正)


作業療法士 和正 隼人


はじめまして。
4月1日に入職しました、作業療法士の竹田玲奈と申します。

社会人、作業療法士1年目で臨床経験はありませんが、
元気に、そして誠実に一人一人のご利用者とご家族に
関わらせていただきたいと思っています。

私の出身は山形県で、この3月に引っ越してきたばかりです。
向上心を持ち続けるために居心地の良い地元を離れましたが、
大阪の方々の明るく優しい人柄に惹かれて大阪で頑張ろうと決めました。
まだ知らない大阪の魅力をたくさん発見したいので、
良ければ皆さん、教えてください!
今のところ大阪で2番目に好きなものはたこ焼きです。(1番は人です!)

趣味はキャッチボールや登山ですが、大阪ではまだ一度もしていないので
時間と友人を作ってぜひしたいと思います。

これから人として、作業療法士として勉強し、
一人でも多くのご利用者の笑顔に貢献できるよう全力で頑張ります!
どうぞ、よろしくお願い致します。

竹田-1



作業療法士 竹田 玲奈
新入職員紹介 Part 2
はじめまして!
この度、4月1日より入職しました田中玲と申します。
今年の3月に専門学校を卒業し、
作業療法士として働かせていただくことになりました。

生まれも育ちも徳島県で、あまり県外で生活した経験がありませんでした。
今回、かなえるリハビリ訪問看護ステーションで働かせていただくことになり、
大阪府に引っ越してきました。
まだ慣れないことも多く、環境の変化に戸惑うこともあります。
しかし、新しい発見も多くあり、楽しくドキドキの毎日を過ごしています。

社会人1年目でわからないことも多く、不安もありますが
同時に、作業療法士として働くことのできる嬉しさと責任感も感じています。
臨床経験はありませんが、地域に寄り添ったリハビリができるように
笑顔を大切にご利用者、ご家族の方々と関わっていきたいです。

趣味は、体を動かすことです。
中学、高校ではソフトテニス部に所属していました。
今後は、他にも様々なことに挑戦して新しい趣味を見つけていきたいと思っています。
食べることも大好きなので、おすすめがあれば教えてください。

これから、何事にも積極的に取り組み、
常に笑顔と前向きな姿勢を忘れずに努力していきたいです!
よろしくお願いします。

作業療法士 田中 玲



初めまして!4月1日に入職いたしました。
作業療法士の笹岡和樹(ササオカカズキ)と申します。

以前は京都の回復期リハビリテーション病院で6年間働いていました。

在宅復帰や、目標達成に向けて支援していく中で、
利用者様のより身近な環境、自宅や地域での支援がしたいと思い
かなえるリハビリ訪問看護ステーションを選びました。

個人的な趣味は体を動かしたり(スノーボード)、
楽器を聞いたり演奏したり、写真を撮ったり・・・と多趣味です。
前の職場では演奏会もしていました。
写真は人や動物を撮ったりすることが好きです。こんな感じに・・・・

笹岡OT 1


最近は引っ越してきて1か月程度なので大阪散策にはまっています!
生まれも育ちも京都府で大阪のことはわからないこともあるとは思いますが
コミュニケーションを大切にして笑顔で取り組んでいきたいと思います。

「楽しいリハビリ、質の高いリハビリ」をモットーに頑張っていきます!
よろしくお願いします。

ブログ(笹岡)


作業療法士 笹岡 和樹
今日は給料日。少し奮発して、家族と近所の焼肉屋さんに出かける。
なんてことは私たちにとってはそう珍しいことではないかもしれません。

世の中には様々な病気があります。治る病気、治らない病気。
原因も分からず、寝たきりになっていく病気。

健康な私たちにとっては何の変哲もない日常のワンシーンが、
一つの病気のためにあっという間にとてつもなく険しい壁に阻まれてしまう。

その壁を少しでも低くすること。少しでも取り除くこと。
それがリハビリテーションって概念なんですよね。

中尾PT 写真1


気管切開で人工呼吸器。
焼き肉。

このかけ離れたように見える2つの事象をくっつけて、日常を生み出す。
みんなで支えて、みんなで生み出す。

中尾PT 写真2


ちなみにこの夜を支えたのは、共に担当している某クリニックのみなさまです。
私はただの傍観者でしたが、一緒に楽しませていただきました。素晴らしい夜でした。

理学療法士 中尾 友規
新入職員紹介 Part 1
4月から入職させていただきました、
作業療法士の東 亮一(あずま りょういち)と申します。
実際の生活場面・地域でのリハビリに興味を強く持っており、
訪問の分野を選択しました。
実際の日常生活で困っていることだけではなく、
「やりたいこと」や「生活の楽しみ」などといった利用者様それぞれの
希望の実現ができるように一緒に考え、
住み慣れた地域でいきいきと生活し続けることができるように
サポートしていきたいです。
療法士経験はありませんが、利用者様・家族様や関係機関の方々と連携する中で、
柔軟に動けるように一生懸命頑張っていきますので、よろしくお願い致します。


ブログ (東)


作業療法士 東 亮一




4月1日より働かせて頂くことになりました
作業療法士の山内保志(やまうちやすし)です。
所属はサテライト泉州でお世話になります。
前職は精神科デイケアで9年間勤めていました。
住所は和歌山県なのですが、かなえるリンクの経営理念、
マネジメント、ビジネスモデルに感銘し、ノウハウを学び
地域に貢献できるようチャレンジしたいと思いやって参りました。
今後は時代の流れ(地域包括ケア、活動と参加への取り組み)を意識し、
利用者様の「やる気」を引き出し、チームを引っ張っていけるような
人材になれるよう一生懸命業務に取り組んでいきたいと思います。
よろしくお願い致します。

ブログ (山内)



作業療法士 山内 保志
医療・介護保険制度を学びます!~社内勉強会開催~
こんにちは。理学療法士、教育研修部の門田です。

皆さん、「医療・介護保険制度」という言葉を聞くと
どんなことをイメージされるでしょうか?
そうそう、国会中継で良く聞く社会保障制度が何とか云々・・・?
そういえば介護保険料の負担額が上がったような・・・。
このようなイメージをされた方、それが医療・介護保険制度の内容の一部の話となります。

私たち訪問看護ステーションからご利用者へ提供する
訪問看護・リハビリのサービスはすべて医療・介護保険制度のもとに成り立っております。
そのため、私たちがご利用者へより良いサービスを提供するためには、
この「医療・介護保険制度」をしっかりと理解しておく必要があります。

そこで今回は3/26(木)19:00~、当訪問看護ステーションの永吉OTに
講師を担当していただき、「医療・介護保険制度」の社内勉強会を開催いたしました。
テーマは「指定難病と小児慢性特定疾病にまつわる制度の理解」で、
医療・介護保険制度の基礎的な内容と、多くのご利用者と
関わらせていただいている指定難病と小児の保険制度の内容を中心に
勉強会を開催いたしました。

勉強会には41名の社員が参加し、それぞれが担当している
ご利用者の状況などを振り返りながら保険制度の内容を確認しました。

医療・介護保険制度をすべて頭の中に入れて暗記するのは・・・
量も多いので難しいことだと思います。
しかし、大切なのは私たちがご利用者に訪問看護・リハビリのサービスを提供する上で、
必ず押さえておかないといけない内容を理解し、
手続きなど含めて円滑で質の良いサービス提供を心がけることです。

訪問看護ステーションからのサービスで大切なのはご利用者に対する
単なる「サービス内容」ではなく、医療・介護保険制度を理解している担当者が
様々なサポートを含めてご利用者に提供できる「サービス内容」だと考えています。

ご利用者に安心・満足したサービスを提供できるように
私たちはこれからも医療・介護保険制度の理解に勤めます。

難病勉強会 制度


理学療法士 門田 淳志
失語症友の会 ~ふくろうの会~について紹介
桜も開花し、朝晩はまだ肌寒い日が続いておりますが、
日ごとに桜も見ごろになってきました。

作業療法士の小谷雅昭と申します。
毎月参加しております四條畷市障がい者支援センターあとからゆっくり主催の
失語症友の会~ふくろうの会~についてご紹介させて頂きます。
ふくろうの会は、高次脳機能障害のなかでも失語症を対象とし、
四條畷市にお住いの失語症の方とそのご家族からの思いから発足された会です。
毎月第4金曜日13:30~約2時間程度の会で失語症の方3~5名とそのご家族、
スタッフとして担当ケアマネジャー、地域包括支援センター、ボランティア、
STが参加し、近況報告、ST、OTによる簡単な脳トレや体操、ティータイムなど
気楽に参加できる会です。
1ヶ月ごとの近況をお互いに、リハビリ目標、ビデオ鑑賞、旅行などの
趣味活動や体調など気軽にお話しされます。
失語症の方なので聴き取りにくい場面もありますが、
少し言葉が詰まるとみんなでフォローし合いながらしっかりと
傾聴されますので、自分の意思を懸命に表出されています。
自分では思うようにいかずまだまだだと思って悩んでおられても、
他から見れば以前に比べ向上していると励まされ、
自分では気付かなかったリハビリの成果を実感されたりします。
また、自身で旅行を企画し旅行に行った写真をアルバムにまとめられて、
障害を持っても色々な支援を受けながら楽しく過ごせたなど
情報共有の場にもなっています。
ご家族の方も苦労話など話され、生活の中での工夫を共有し合ったり、
前向きに常に努力されている姿勢がすばらしいなどと
お互い励まし合ったりされています。
ふくろうの会では、楽しいこと、つらい思いなど一人で抱えることなく
お互い分かち合い、スタッフ一同笑顔の絶えない場であり続けたいと
思っております。
先月のふくろうの会では、近隣の施設で開催された、関西の打楽器と
ピアノのアンサンブルグループ♪frapさんの演奏会に参加しました。

小谷さん



作業療法士 小谷 雅昭
Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.