皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『私のパワースポット』
こんにちは!
かなえるリハビリ訪問看護ステーション サテライト南(河内長野市)を拠点として
訪問しています看護師 徳備です。
私の家のベランダから見える、パワースポットがあります。

サテライト南の事務所から車で20分のところにあります。
富田林市伏見堂にある寺院で願昭寺と言います。

徳備NS9月ブログ写真③

真言宗の新宗教である八宗兼学真修教の大本山で信者達の手作りによる寺院として
知られているそうです。

2011年11月に作られた五重塔は大阪唯一の木造で37.27mあります。
国内10番目の高さだそうです。

徳備NS9月ブログ写真①

展望台もあり、そこからは富田林、河内長野北部、大阪狭山市を
眺める事ができます。
晴れていて視界が良ければ、大阪都心部や堺泉北臨海工業地帯、
大阪湾を眺めることができます。

展望台まで登ると呼吸困難になりそうで息切れがしますが、
登り切った展望台は景色がとっても良く、広がる景色に感動します!

何年か前に長男が私に怒られ、この願昭寺に行ってすっきりして帰ってきたり、
末っ子は保育所時代、この願昭寺までのかなりの坂道が散歩コースで、
かなり鍛えられ、思い出深いお寺でもあります。

そしてなにより、広~い敷地で自然がいっぱいで、上から眺める景色にも癒され、
私のパワースポットです。

徳備NS9月ブログ写真②

梅の季節には梅がたくさん咲いて、もっと素敵なようですよ~!

看護師 徳備 好恵
スポンサーサイト
『勉強会(守口)~福祉用具の活用方法~』
こんにちは。
主に枚方市・交野市・寝屋川市・大東市を訪問している理学療法士 池田です。
9月も中旬になり、朝晩は涼しくなってきましたね。

守口第一地域包括支援センターから依頼をいただき、8月24日(水)に、
作業療法士の朝山 理学療法士の池田で守口市保健センターにて
福祉用具・レンタル事業所の職員様対象に、福祉用具を使った介助方法の勉強会を行いました。


池田PT9月ブログ写真①


内容は「介助方法について・床ずれについて」です。
介助方法についてでは、福祉用具を使わずに、ベッド上で身体を移動させる介助方法と、ベッドと車椅子間の乗り移りの介助を様々な方法で体験し、その後は福祉用具を使用しての介助を行いました。
床ずれについてでは、床ずれがなぜ発生するかについて少し座学を行い、マットレスを使用した姿勢保持を紹介しました。

池田PT9月ブログ写真②

今回の勉強会では、参加者同士で介助の模擬を行う形で行いましたが、
「実際、家族や身近な人が介護を必要になったら」を意識しながら行ってもらうことを初めにお伝えしました。
これは前職の病院でのリハビリや訪問リハビリの場面で、普段私が意識している事の一つです。
一回一回の介助ならば大丈夫ですが、その介助が毎日、場合によっては24時間必要なこともあります。それが何年も続くわけですから、介助をする人が無理をすると続かなくなってしまう事もあります。

今回の勉強会でも、介助方法をお伝えすると苦労することなく行える方や、力に頼って介助される方もおられました。
力に頼って介助される方は女性に多く、実際に日本中で介護をされている人の76%は女性で、その多くは50〜70歳代の方々です。
もちろん力に頼らず軽そうに行う男性でも、疲労が溜まる事もあります。
実際、普通に介助の体験をした後に福祉用具を使用すると「全然違う」「軽い」といった反応がほとんどでした。
毎日それも何年も行う事ですので、少しでも介護者の負担を軽くするのは必須です。

私自身、今回お話をさせて頂く機会を得て、福祉用具を使った介助方法についてを改めて考える事ができました。
またこのような機会があれば大変ありがたいと思います。
是非是非、いつでもお声かけください!
よろしくお願いします。

理学療法士 池田 晴紀
『かなえる広場開催!』
こんにちは!作業療法士の竹田です。

先日、作業療法士の下川、田中と
大阪市西区本田の西区老人福祉センターにて
『かなえる健康広場』を開催しました。

これは大阪市西区社会福祉協議会からの委託事業である
「高齢者の生きがいと健康づくり推進事業」の活動で、
主に介護予防体操、健康講座を行います。

竹田OT8月ブログ写真


今回で二回目の開催となりますが、
「来てよかった」との声をお聞きすることができました。

かなえる健康広場では、“かなえる体操”という
新しいアイディアを盛り込んだ体操を行っています。
かなえる体操は、日常生活の動作と結びつけることで
目的やその動作を使う場面をイメージしやすくした体操です。
具体的には、起床から始まる一日の流れに沿い、
着替え時の方の運動というような生活の中の動作を体操にしています。

今回実施する中で参加者の方の声を聞き初めて気が付かされることも多く、
伝え方、内容について試行錯誤しています。

かなえる健康広場では、高齢者の方がいつまでも在宅で元気に
暮らすためのお手伝いができるよう活動していきます!

作業療法士 竹田 玲奈
「最後の生きるを支えよう」〜森のけあかふぇ1周年特別講演〜
こんにちは。南泉州エリアリーダーの中尾です。

9/8(木)に「最後の生きるを支えよう」ということで、在宅での看取りをテーマに開催された研修に、森のけあかふぇ実行委員として参加させていただきましたのでご報告いたします。

約一年前からいろいろな職種から集まった有志により、隔月に「森のけあかふぇ」として様々なテーマで勉強会を開催してきました。今回は森のけあかふぇ一周年特別講演として企画させていただきました。

中尾PT 9月ブログ写真①


いつもより多い70名定員でしたが、事前申し込みの時点で満席、ふたを開けてみると飛び込みの参加者もあって急遽座席を増やすほどの盛況ぶりでした。
みなさまの在宅での看取りに対しての興味の大きさ、現状そこには多くの問題があるだろうことが伺えます。

中尾PT 9月ブログ写真②


第一部の講演、第二部のパネルディスカッションを通じて感じたのは、私たちが専門職としてご利用者に関わるための準備はもちろん、皆に一度は必ず訪れる死を自分自身はどう迎えたいのか、親や家族の思いに応えるには何が必要なのか、それぞれその時がくる前に真剣に向き合う必要があるということです。
パネリストやフロアからあがった体験談は非常に示唆に富むものでした。

中尾PT 9月ブログ写真③


次回はこの流れを汲んで、がんサバイバーの蓮尾さまにお話していただく予定です。11/10(木)18:30〜泉の森ホール、ご興味ある方は是非お待ちしております。

中尾PT9月ブログ写真④

理学療法士 中尾 友規
『夏の思い出』
いつもかなえるブログをご覧いただき、ありがとうございます。
大阪市内(北区・此花区・福島区・都島区)を主に訪問している金塚です。
今回は、先月自転車で地元徳島に帰省してきたので、その事について報告します。

お盆の時期は徳島では阿波踊りが催されています!
年に一度、人で溢れる時期ですね(笑)

金塚PT9月ブログ写真2


自転車での旅については、往路は梅田の自宅から神戸港→高松港までフェリーで移動し、高松から海沿いを走り徳島の鳴門経由で吉野川市の実家へというルートです。
復路は徳島港→和歌山港へフェリーで、そこから梅田までというルートで、往復230キロ超えの距離を走破しました!

ご利用者のK様に教えていただいた讃岐うどんの名店を巡り、徳島ラーメンに和歌山ラーメンと食べ歩いてきました。

なんでそんな事を?と思われる方がほとんどだと思うのですが、僕もそう思いつつも経験に時間とお金を払ったという感じでしょうか。
一生モノの経験ができたんじゃないかと思っています。

金塚PT9月ブログ写真1

写真や動画もたくさん撮ってきたので、ご利用者にもお話しさせて頂けたらと思っています。
僕達の経験が外に出る機会が少なくなってる方の目となれればと思っています。
今後もいろんな事にチャレンジしていければと思っています。

以上、夏の思い出でした。

理学療法士 金塚 容平
Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。