皆でかなえる、皆で繋がる
『お味噌汁』
暑い日が続いてますが、皆様は元気に過ごされていますか?私は、利用者様の家で咲いてるハイビスカスを眺めたり、友達と花火や祭りに行ったりと、夏を満喫しています。そんな中、最近私がはまっているのが、『お味噌汁』です。

皆様、毎日食卓にお味噌汁は並んでいますか?
私は、実家にいた頃は毎日のように味噌汁が夕食にでていましたが、
今では飲む機会も少し減りました。

味噌汁は身体にいい。というのは、皆様なんとなく知ってると思います。
では、具体的には身体にどのような良い効果を期待できるのか。
先日、読んだ本に味噌について書いてあったので、ご紹介したいと思います。

◆血管年齢が若返る
味噌の原料である大豆は、血中コレステロールの上昇を抑え、高血圧を予防する働きがあります。また、味噌汁から摂取した塩分の30%は血圧の上昇に関与しないという報告もあり、毎日1杯程度味噌汁を摂る人は10歳程度改善させるという結果も発表されています。

◆がん予防
味噌汁を毎日飲む人は、まったく飲まない人と比べると胃がんによる死亡率は低いと結果が出てます。また、味噌汁を飲む人の方が乳がんの発生率が低いようです。

◆生活習慣の予防
1日3杯以上味噌汁を飲む人は、糖尿病を予防する効果が期待できるといわれています。さらに、コレステロールを抑制する効果もあります。
 
◆喫煙リスクの軽減
味噌に含まれる豊富なアミノ酸が、タバコのニコチンによる害を減少させます。また、肝臓の解毒作用を促進させる働きがあるので、喫煙者が毎日味噌汁を摂ることで死亡率が低下することも分かっています。

さらに、アンチエイジングや美白効果など、女性には嬉しい美肌効果もあります。
美容と健康にもいいと、モデルのミランダ・カーも味噌汁が大好きだそうです。

汗をよくかく夏場、塩分やミネラルと共に水分を摂取できるお味噌汁は、水分補給にもってこいです。また、夏とはいえクーラーで身体が冷えることも多いですよね。
たまには、ゆっくり温かいをお味噌汁飲んでみるのはいかがでしょうか?

しかし、糖尿病、腎疾患、心疾患など塩分や水分の制限を必要とする方にとっては、
塩分の取りすぎは疾患の悪化につながることもありますのでご注意ください。

理学療法士 浦田

bbann900-02.jpg
Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.