皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログを移転しました。
かなえるリハビリ訪問看護ステーションのサイトリニューアルに伴い
ブログ
を移転いたしました。

bbann900-01.jpg
スポンサーサイト
『かなえるリハビリ訪問看護ステーション 看護部』
みなさん、こんにちは。本社 広報課の川口です。

広報課では会社案内パンフレットやカレンダーなど、様々な販促物の制作を行っています。

今回、ご紹介させていただきたいのが、先日完成いたしました『かなえるリハビリ訪問看護ステーション 看護部』のパンフレットです。

パンフ写真

当パンフレットは、弊社看護部長より「訪問看護」についての強い想いを語っています。

「訪問看護」に興味を持っている、また興味はあるが不安もある。
そんな看護師の方々に対して、弊社看護部が想う訪問看護を明確にお伝えできる媒体に仕上がっています。

原点である「なぜ看護師になろうと思ったか」に立ち返り、ご自身の想いと弊社看護部の想いがつながるきっかけとなる。

そう自信を持ってお渡しできる「パンフレット」となっていますので、
是非、ご一読ください。

かなえるリハビリ訪問看護ステーション 看護部パンフレットはコチラから

広報課 川口

bbann900-01.jpg
『認知症サポーター養成講座』
 肌寒くなり、アツアツのおでんやお鍋が美味しい季節になってきましたね。
こんにちは、理学療法士の福原です。

先日、大阪市西区キャラバンメイト連絡会として株式会社セディナ様向けに認知症サポーター養成講座を開催いたしました。

 近年、超高齢社会に伴い認知症の方が増え、高齢者の5人に1人が罹患する時代となってきています。認知症対策はもはや国をあげた取り組みです。認知症サポーター養成講座では「認知症の方とその家族が安心して暮らせる街づくり」をコンセプトとしており、小中高等学校の生徒や地域住民、企業の方々など、毎年全国各地でたくさんの認知症サポーターが誕生しています。サポーターには「認知症の人を応援します」という意思を示すオレンジリングが渡されますが、2017年10月現在で、なんと約939万人の方々がオレンジリングを持ち、応援者として活動しています。

写真1

 今回、受講された株式会社セディナ様は信販会社ですが、高齢者のカードや金銭に関するトラブルは増えてきているそうです。皆様、熱心に講義を聞いて頂き、「怒っている時の対処法は?」「街中で認知症かもしれない方を見かけたときどう対応すればいい?」など実生活の場面での質問もたくさんいただきました。助けたい、力になりたいけど対応方法に困られている経験をお持ちの方は多く、認知症の啓発活動の重要性を感じました。

写真2

認知症のことでお困りごとや「サポーターになってみたい」という方がおられましたら、お近くの地域包括支援センターや自治体事務局へお問い合わせ下さい。

地域の誰もが安心して暮らせる街を目指して。


かなえるリハビリ訪問看護ステーション 理学療法士 福原

bbann900-01.jpg
Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。