皆でかなえる、皆で繋がる
新入職員 認知症サポーター養成講座 
先日、西区社会福祉協議会よりお越しいただき当事業所にて認知症サポーター養成講座を開催いただきました。
京都からも参加し大人数での参加となりました。
みなさんの感想をご紹介します。


認知症サポーター養成講座



認知症については学校でも学びましたが、また゛まだ分からないことも多く、勉強になりました。
認知症になり、記憶が悪くなるなどの症状が出ても家族や周りの人の対応によって
生活しやすくなるんだと思いました。地域に住む方にも正しい認知症についての理解が
広がれば、認知症になっても暮らしやすいまちづくりへと繋がるのではないかと感
じました。
また、認知症の方と関わった具体的な話では認知症の方も感情は残っている、対
応する方の表情を読みとったりする能力など失われていない能力もあるというこ
とをお聞きすることができました。認知症だからできないと決めつけず、
できることを見つけるという関わりが大切だと実感しました。
認知症という病気には周りの理解が本当に大切なんだと考えさせられる良い機会
となりました。

作業療法士 下川 貴大


僕自身も介護の仕事をしていた時に認知症の利用者さんに対して、どのように対応したらいいのか戸惑いがありました。言葉遣いなど子供に話しかけるような対応をとってしまったり、何もわかっていないという思い込みだけで対応してしまったことを反省しています。

今回の認知症講座を受講して、認知症の利用者さんの対応の仕方により利用者さんの変化が見られることがわかり驚きました。

ご家族さんからすれば認知症になってしまった御両親を在宅で介護することは大変なことだと思います。
ただ、ご本人様からすれば必ず自分の住み慣れた家で過ごしたいはずです。

その御家族さんの負担を軽減させることが、私達在宅サービスをする医療職の重要な仕事だと思います。

これからは認知症の利用者さんを担当することが多くなると思います。少しでも認知症について理解出来るように地域の活動などにも参加していきたいと思います。

理学療法士 前川 陽平


ninntisyousapo-ta-youseikouza.jpg



自分は卒業論文で在宅生活を営む認知症者の家族介護者へのケアについてということで書きました。
その中で介護者の負担の要因の一部に周りの人が認知症について理解していない、
自分の辛さがわかってもらえないなどが出てきました。
今回、認知症サポーター養成講座は基本的な認知症のことについて話してくれ、一般の人にもわかりやすい内容だったので、このサポーターが拡がれば地域に住む認知症者本人の出来ることの増加だけでなく、介護者の負担も軽減するのではないかと思いました。
自分もこれからさらに認知症について学んでいき、社会に向けた活動もしていきたいと思う事ができる講義で楽しかったです。

作業療法士 渡邊 雅斗



コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.