FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
かなえる 試み その2 “逆ピラミッド型組織図”
社名であり、社名にした言葉の想いであり、そのものずばり社員の、会社の、利用者さんを始め関わる全ての人達の想いを叶える為の試みの一つとして、
前回「かなえる創造会議」を紹介しました。

その他にも“かなえるリンク”に参加するまでに皆が経験してきた事とは違う事、
新たな試みが色々と実施されていますが、
本日はその中から組織図、かなえるリンクの組織(図)の紹介をします。
 
ずばり、かなえるリンクの組織図は逆ピラミッド型です。
某上場企業等で取り入れられている組織図の形です。

よく見かける組織図は、
一番上に代表取締役や、取締役会(役員会)が有り、
その下に様々な下部組織が展開されていますが、

かなえるリンクでは、一番上は現場のユニット(※)であり現場そのもので、
代表取締役を含めた取締役会は一番下にあります。
(※:かつて経験したエリア制に留まらない、これも試みの一つで、またの機会に紹介します)

たかが組織図と言われるかも知れませんが、されど組織図です。
戦略は組織に従う。また組織は戦略に従う。と言う言葉もあります。

会社にとってどのような組織にするのかは大変重要な事です。
そしてその組織を理解する上で、組織図自体も重要であります。
その組織が一目で理解出来る組織図である必要があります。
役割の、行動の、判断の基準が組織図を見れば解るものである必要があります。

例えば、「現場の意見はどんどん上げてくれれば良い」
「現場の意見を吸い上げる」と言う事を聞きますが、
逆ピラミッド型の組織図では、現場の意見は降りて来るのです。

トップダウン的に決定事項が現場へ降ろされるのではなく、
現場主義をとっている“かなえるリンク”では、
現場の情報、意見が下りてきて集約され、
それを基に会社としての意思決定がなされる、
当然最終的な責任は役員会にある。そんな組織、組織図です。

現に、僅か数ヶ月の間に、色々な提案、工夫が降りて来て、実施されています。
皆がかつて経験してきたものとは違う、現場だからこそ提案できる進化したものが生まれて来ています。
契約書や、たった一つの書式からそうです。

そういった意味で、全社員参加型の経営組織の組織(図)とも言えます。

逆ピラミッド型組織図の提案そのものもが実施された事もそうです。
提案自体は役員の一人からのものでしたが、
役職には関係なく、
それぞれの現場においての提案、情報が降りやすい風通しの良い、
そして良いと思えばすぐに実行できる

そんな組織を目指し、表しているのが、
かなえるリンクの「逆ピラミッド型組織図」です。

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.