FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
救命勉強会に参加しました!!
先日、岸和田徳洲会病院で開催された救命勉強会に参加させていただきました。
まず、人が倒れていたら、私たちはどうするべきか。
実際にそのようなことは起こらない方が良いのですが、
もしもそのような場面遭遇したら?
考えるだけでも緊張します。
皆さんならどうしますか?
不安と恐怖で押し潰されそうになりますよね。
でも大丈夫です。
救命勉強会は、
岸和田徳洲会病院だけでなく最寄りの消防署でも定期的に開催されています。
少しでも興味を持っている方、またはこの記事を読んで興味を持った方は、
是非参加して下さい。
救命の方法も少し前と比較すると徐々に変わってきています。

image (2)

では、実際どのような手順で行うのでしょうか?

①人が倒れていたら、まず周囲の安全確認をします。
 事故に巻き込まれる危険はないか、出血による感染のリスクはないか、
 というような点に気を付けます。

②意識があるのか確認します。
 肩を叩き、「大丈夫ですか?」と声を掛けます。
 この時点で反応がなければ他の人に応援をお願いします。
 例えば、
 「そこのお姉さん、119番通報お願いします。」
 「お兄さん、AEDを探して下さい。」というように人を指定します。
 「誰か◯◯して下さい。」という呼び掛けでは、人は反応してくれません。

③呼吸の確認をします。
 倒れている人の口元へ耳を近付け、目線は胸・お腹へ。
 死戦期呼吸というのがあり、口をパクパクしていることがあります。
 しかし、この呼吸では酸素を吸えていません。
 そこでしっかりと呼吸が出来ているかの確認のため、
 胸・お腹が膨らむことを観るのです。

④呼吸がなければ、気道確保をします。
 一方の手で額を押さえ、もう一方の手(中指・人差し指)であごをあげます。

⑤胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行います。
 1分間に100回のペースが目安だそうです。
 と言われてもなかなかわかりづらいですよね。
 皆さん、アンパンマンマーチをご存知ですか?
 知らないという方は調べてみて下さい。
 とても元気が出る曲です。
 その曲よりも少し早いくらいのペースで行うのがいいのです。
 胸を押す強さですが、約5cm胸がへこむように押します。
 「え、そんなに押して大丈夫?」と、最初は思いました。
 でも大丈夫です。
 肋骨や肋骨に付いている軟骨が折れますが、
 折れた骨が刺さって亡くなるといった事例はまずないそうです。
 ですから、しっかりと押して下さい。
 押した後はしっかり戻すというのが大切です。

image (3)

この手順で実際にやってみると、汗だくになります。
皆さんも救命勉強会に参加して、
私たちの力でひとりでも多くの方の手助けをしていきませんか?
救急隊や看護師の方々が言いました。「病院に運ばれてきてからでは遅いのです。」
発見してから救命活動を開始するまでの時間が短いほど、救える確率は上がります。
最近はAEDが色々な場所に設置されています。
これは、救急隊が駆け付けるまでの約8分までに
私たちが救命活動を行えるように準備してあるのです。
脳に酸素が回らなくなると、なんらかの後遺症が残ります。
その時間が3分ほどです。
本当に短いです。

私は、今回が2回目の参加でした。
まだまだ未熟です。
人は一度聞いただけ、一度やっただけでは必ず忘れます。
何度も救命勉強会に参加して技術や知識を身に付けていく必要があると感じました。
「継続は力なり」です。
皆さんも始めませんか?


言語聴覚士 舩越 敦史


コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.