FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
港区医師会在宅医療研究会への参加
皆さま、こんにちは作業療法士の瀬川です

「三寒四温」といいますが、まさしく言葉通りの気候が続いています。
体調を崩さないように気を引き締めていきたいと思います。

さて、去る3月9日(土)に
当ステーションスタッフ3名で、
第14回 港区医師会在宅医療研究会へ参加してきました。

参加者は医師の方々をはじめ、看護師さんやケアマネジャーさん、介護士さん・・・
さまざまな職種の方が参加されていました。

テーマは緩和ケアについてです。

講師の方々のお話を聞きながら、
「そうなのか・・・」「なるほど」と約2時間勉強させてもらいました。
勉強会に参加して感じたことは、
ご利用者に対してのインフォームドコンセント(説明内容や時期も大切…)や関わる人たちとの連携の重要性です。

ご利用者の大切な時期に私たち療法士が関わらせていただくということ・・・
「何ができるのか」「何を求められているのか」・・・

きっと答えはないと思いますが、ご利用者と関わらせていただく時間の中で少しでも「辛い」「痛い」・・・
時間を少なくするお手伝いをするために関わる人たちとの連携や、
ご利用者が発信する信号に気づく努力をしなければならないと感じました。

地域でのリハビリに関わる上でとても大切な内容を勉強させていただきました。
もっともっと勉強をしていきたいと思います

ちなみに…
6月には「多根総合病院緩和ケア研修会」が開催されるようです。

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.