FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
『中国からのお客様!!』
岸和田ではだんじり祭りの準備が始まり、太鼓の音と提灯と朝晩の涼しさに、
秋の訪れを感じる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

先日、中国からウェイさんと、リュウさんと、通訳の大西さんが来日されました。
ウェイさんとリュウさんは、ご両親の介護経験から、
より良い福祉用具を必要な方に届けたいとの想いから、
中国(北京)で福祉用具の開発や流通を中心とした会社を起業された方々です。

藤川さんブログ 中国2

縁あって、当事業所の活動紹介を通じて、日本の自助具や訪問場面での活用、
介護予防についてお伝えする事となりました。

自助具については、株式会社ウィズの淵上さん(作業療法士)にも
お手伝い頂きました。(淵上さん、本当に有難うございました。)
お二人とも、自助具を手に取り、使い方やどんな人に適応されるのかを
熱心に質問されておられました。
中国では、車椅子や杖は少しずつ普及してきているものの、
自助具についてはまだまだ知られていない様です。
文化や生活背景によって、自助具の多様性を再確認する場ともなり、
私たちもとても勉強になりました。
また、訪問場面では、家族が熱心に介護されている姿が
とても印象的だった様です。

中国では、色々な地域で人が集まり体操等はしているものの、
セラピストがアセスメントをして効果について知る機会はないとの事で、
介護予防事業についても関心を寄せておられました。

昼食では、中国のリハビリテーションの実情をお聞きすることができ、
中国語もレクチャーして頂きました。発音が難しい…。
なんと、通訳の大西さんと私は15年以上前に、
衛星中継を介してお会いしていた事が発覚!
思わぬ再会で驚きもある素敵な時間でした。
そして、お礼にと中国伝統の剪紙の掛軸を頂戴しました。
全て切り絵となっており、
「福」の文字の中に365文字「福」が切り込まれている様です。
現物の迫力は凄いです!一見の価値ありです!

藤川さんブログ 中国

熱意ある方が、国境を越えて学ばれる事は素敵ですね。
私たちも刺激を受けてた1日であり、お二人を見習わなければとも思いました。

この出会いに、謝謝!


株式会社かなえるリンク  関本 充史

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.