FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『療法士は訪問先で何をしているの?』
こんにちは。
先日、東淀川区北部包括支援センター主催の「なかよしの会」に出席しました。
「なかよしの会」は、東淀川区北部地域包括支援センターが主体となって
行われている他職種が交流できる会です。
参加されるのは、居宅支援サービス、福祉用具業社、訪問サービス、
通所サービス、入所サービス、等の東淀川区北部で地域サービスを
展開しているスタッフの方々が主となっています。
どの職種に限定しているわけでなく、
東淀川区北部でない事業所の方も参加されます。
とても窓口の広い会だと思います。
以前、他の地域から参加された方が、
こんな会があるなんて羨ましいと仰っていたので、
なかなか他にはこんな機会が設けられていないのだろうと感じています。
普段の業務終了後に行われるため、和やかですが、
とても熱心な方々の集まりだと思っています。
私も昨年頃より地域に関わる者として飛び入り参加させていただき、
以降開催毎に参加させてもらっています。
様々な取り組みがある中に、事例検討会というものがあります。
その検討会では、様々な職種の立場からの考えを聞く事ができ、
自分が経験できないような事例のお話しを聞かせてもらえるので、
毎回勉強になっています。

今回、縁あって作業療法士の立場から、
私が関わったご利用者について発表させていただきました。
今回は20名程の参加があり、その前で発表させてもらいましたが、
結構緊張しました。
ICF(国際生活機能分類)でまとめさせてもらったのですが、
好評なご意見が多かったのでホッとしています。
私が発表したテーマは、
「脳梗塞後遺症男性に対する活動・参加へのアプローチ」と
「認知症独居高齢者がデイサービスを再利用するに至るまでの関わり」です。
認知症のケースでは、「こんなサービスの利用の仕方があるとは驚いた」や、
「定型的なサービス提供ではなく他の視点も必要と感じた」と
お言葉をいただきました。
療法士に関わらず、訪問サービスにおいては、ご利用者のお宅にうかがい、
基本的にご家族・ご本人と接するため、どのような関わりをしているのか、
どんな事を考えているのか、他職種には伝わりにくいかと思います。
今回発表させていただいた事によって自分が行ったアプローチを振り返る
良い機会になりました。
関わりの中で悩む事もありましたので、
それについて参加者の方々からご意見をいただいたので有り難かったです。
今後の業務に活かしていきたいと思っています。
個々に合った目標を立て、その方がイキイキし、主体性をもって、
活動・参加ができる範囲が広がるような関わりができれば、
地域貢献できるのではないかと思います。
この会を通して顔見知りも増えました。
地域連連携の輪がどんどん広がって行くのを感じています。

淀川区ブログ1

余談ですが、 写真はうまく撮れているでしょう?
良い写真が撮れるように皆さん協力してくれました(笑)


作業療法士  田中 孝英

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。