FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
『神戸で開催されたリハケア学会で、発表させていただきました。』
お久しぶりです。
作業療法士の高橋です。

この度、10月に神戸にて行われるリハケア学会で
発表をさせていただくことになりました。

リハケア学会


題目は、「活動・参加型の短期目標の検討~生活行為向上マネジメントを使用して~」
となっています。

生活行為向上マネジメントとは、
その人にとって重要な意味のある作業を見つける。
その人の有する能力を「心身機能」「活動・参加」「環境」の視点からアセスメントし、
生活の予後予測をする。
その人の能力を意味のある作業と結びつける。
という、作業療法士の基本的な考え方を可視化したものです。

現在、活動・参加型のリハビリが地域に求められているため、
今後必要になってくるツールだと思います。

初めての学会発表のため緊張もあり、
発表後の質疑応答では頭が真っ白になってしまいました。
今回の学会発表を終えて、自分に今後必要な課題がたくさん見えてきたと思います。

入職して1年が過ぎ、
まだまだスタッフや周りの皆様にご迷惑をおかけしていますが、
この学会発表から見出した課題をクリアしていくことで、
少しでも恩返しができたら、また僕の訪問業務に活かし、
地域の皆様に貢献できたらと思います。

大変でしたが自分を成長させることのできる課題をたくさん見つけることができて、
参加して本当に良かったと思います。
また次のチャンスに向けて今の課題をクリアしていくため、
今後も一層頑張ります!

高橋さん 発表


作業療法士 高橋 伸明


同じく、10/3(土)にポートアイランドの神戸国際会議場で開催された
リハビリテーションケア合同研究大会に参加してきました。
今回の発表会は医師・看護師・リハビリテーション専門職、
介護士、ケアマネージャーなど多職種が参加する全国大会です。
私自身はポスター発表をさせていただきました。
今回の発表内容は多職種連携による活動と参加に繋がった
事例発表をしました。

訪問リハビリで関わらさせていただく中で、
筋力を付けるとか動作を上手く出来るようにするなど
家で生活する上で必要な練習をします。
そこで重要なことは、どのような目標(目的)を持って
練習をするかです。
目標を持つことで意欲面向上にも影響が出るのではないかと
私は考えています。

訪問リハビリだけでは出来ることは限られています。
多職種との連携でいかにご利用者の目標を支援できるか。
まだまだ足りないことも多くありますが、
今後も地域で働く者として考えていきたいと思います。

今回の学会発表の自己評価としては…
緊張してあまり覚えておりません(汗)
またこのような学会発表をする機会があると思いますので、
自己研鑽していきたいと思います。

前川さん 発表


理学療法士 前川 陽平

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.