FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『インクルーシブ教育とは?就園・就学に関すること』
平成28年4月から施行される障害者差別解消法を背景に、
インクルーシブ教育がすすめやすくなりました。
そこで作業療法士の伊藤より、
「就園・就学・進路検討の基本的考え方と資源」をテーマに、
生活行為向上マネジメントを活用した社内勉強会を開催しました。

インクルーシブ教育システムとはどういったものなのか?
簡単にまとめると、障害の有無にかかわらず共に学ぶ仕組みです。
特に初等中等教育の機会が与えられることが明記されており、
多様で柔軟な仕組み作りが重要です。
そのため、小・中学校における学級、通級による指導、特別支援学級、
特別支援学校といった、連続性のある「多様な学びの場」が必要になります。

障害者差別解消法が施行される背景には下記の理由があります。
それは、障害の有無に関係なく一緒に勉強したり、働いたり、
文化活動に参加するといった社会参加が進んできました。
しかし、まだ障害者の社会参加をさまたげる多くの障壁・バリアがあり、
障害者やご家族、関係者があきらめてしまう場合が多いことも現状です。
社会づくりの為には、「何が差別か」を判断する「ものさし」として、
平等な機会・チャンス・扱い(待遇)を保障する法律が必要と考えられ、
現在は事業所等への周知活動や施行に向けた準備がされています。

この法律の施行に伴い、教育の分野でも、学校側が障害を理由に
就園や就学を断ることができなくなります。
また、知的障害がある人に対して、
るびをふったりわかりやすい言葉で書いた資料を提供したり、
段差解消のスロープや発達障害がある人に対して、
他人の視線などをさえぎる空間を用意したりなどの配慮が大切になります。

地域で活動する小児分野の療法士は、各学校の設備や対応を知る機会が多く、
また教員の方と連携をとることもあるためご相談に乗れることもあるかと思います。
就園や就学で悩まれている親御さんや知り合いの方がいらっしゃいましたら、
一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?

勉強会では伊藤の担当ケースの話があり、ある女の子は着替えることが難しく、
寝転がって着替えている場面でした。
その女の子は兄が大好きで真似をしたがる妹と、
そんな妹のために寝転がって着替える様子を見せる兄の話しでした。
微笑ましい話であるとともに、本人の性格や環境を考え、
療法士が関われない多くの時間の中の着替えをどうしていくのか。
本人やご家族の負担を減らすにはどうすればよいのか。
とても参考になる話でした。

小児勉強会ブログ2

訪問リハビリは、1週間の内の短い時間でしか関わることができません。
だからこそ、関わっていない残りの時間をどのように過ごしてもらうとよいのかを
常に考え実践していくことが大切になると思います。
そこで「活動」と「参加」が重要であり、
生活行為向上マネジメントの活用と合わせて、
他のサービスや他職種との連携が必要です。


作業療法士  鎌田 亮平

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。