FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
「仲間って大事ですね!」
朝晩冷え込んできましたね。
雪が降ってこないおかげで、バイクで訪問ができています。

1月12日にとある会議に参加してきました。なんの会議かと言いますと
チャリティー企画<夕刻を支える場の可能性>のイベントのまとめと
今後の活動についての集まりでした。
このチャリティー企画を知らない方もいらっしゃると思いますので
簡単に紹介します。

いじめ、虐待、貧困、親の離婚再婚、家庭不和、不登校、高校中退など、
さまざまな事情で【しんどい】状態にある子どもたち、
寂しい思いを抱えたまま夜を過ごす子どもたちが世の中にいます。
子どもたちが多様な大人に出会い、仲間に囲まれ、
安心して育つことを願い、「子どもの居場所づくり」を始めた
団体・個人が発起人として、
第3の居場所としての<夕刻を支える場>の可能性を応援してもらい、
子どもたちへの力を集めるチャリティー企画でした。
上記のチャリティー企画の振り返りを発起人に混ざり、
あべのハルカスで行いました。
あべのハルカスが初めてで、さらに夜景が綺麗で思わず撮影してしまいました。

ハルカス1

ハルカス2


参加者全員、仕事終わりに集まったので、会議の途中で来られる方も居ました。
各々熱い気持ちをもっておられ、議題にあがっていた内容以外にも
話し合いました。
主にはチャリティー企画の振り返りと今後どのように活動を
普及していくかなどでした。

その後は親睦をさらに深めるため天王寺にてお食事会でした。
そこでも各々の想いを出し合いながら様々な話があり、盛り上がりました。
そのため危うく終電に間に合わないところでした。
気持ちを持った人達と一緒に何かをする!ということは楽しく、
仕事終わりにも関わらずエネルギーが充実しました。
仲間は大人とか子どもに関係なく必要で癒しです。
仲間がいて安心できて、自分を出してチャレンジできる、
そんな居場所を仲間と子どもたちとでつくりたいなと想いながら過ぎる一夜でした。

北河内の寝屋川市には発起人でもある方が居られる
株式会社totoitoi(http://kabutoitoitoi.jimdo.com/)という会社があります。
そこではここに書かせて頂いた<子どもの居場所づくり>に取り組まれています。
もし身近で【しんどい】状態にある子どもたちが居られましたら
些細なことでも構わないと思います。声をかけてみてください。
なにか御力になれることがあるかもしれません。

作業療法士 渡邊 雅斗

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.