皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『知恩寮勉強会Part4 事例検討』
こんにちは。理学療法士の門田です。
7月19日(火)に、天王寺区にある「障害者支援施設 知恩寮」で勉強会を
開催しました。

この勉強会は、施設スタッフの方々から施設入居者の日常生活支援について
悩みや相談があるので、それについてリハビリ職の視点から、考え方や
解決策について勉強会として話をしてほしいと相談を受け開催されています。

門田PT7月ブログ写真1

今回は「事例検討」を行い、施設に入居されている方の同意を得たうえで、
日常生活の様子をビデオ撮影させていただき、その動画から具体的な日常生活の
支援の方法についてみんなで考えリハビリの視点での考え方を
お伝えさせていただきました。
日常生活の様子では、食堂での食事の姿勢や方法、
施設内における歩行などの移動動作やその環境に関する相談を中心に
意見交換をさせていただいています。

食事をとるときに姿勢が傾いているとどういったことが起こりやすいのか?
食卓の高さが食事動作に与える影響はあるのか?
歩くときにふらつきがみられる方の介助はどのように行えばよいのか?
様々な内容について意見交換を行いました。

門田PT7月ブログ写真2


勉強会を行い感じたことは、医療や介護の分野においては
それぞれの地域の特色に合わせた環境の中で様々な職種のスタッフが
多くの対象者の方と関わっており、それぞれの立場で様々な悩みを
もっていることがわかってきました。
施設の現状や働くスタッフの悩みを知るよい機会になりました。
私たち訪問看護ステーションに所属する専門職ができる
地域貢献とは何かということをしっかり考え、行動ができるように
日々研鑽していきたいと考えています。

理学療法士 門田 淳志

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。