FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『IT機器とリハビリテーション』
こんにちは。港区、大正区、住之江区、西成区を中心に訪問させていただいている作業療法士の笹岡です。

訪問リハビリテーションの業界に飛び込んで早いもので6ヶ月が過ぎました。
毎日バイクで走り回っていると全くわからなかった地名や道路も覚えることが出来てきました。
道がわからなくなった時や、利用者様宅への道程を調べる時に活用させていただいたのがスマートフォンの地図アプリ。
本当に便利な世の中になりました。
IT機器は日々進化しています。便利になるにつれて利用される方も多くなってきています。
病気や怪我で使いづらくなった、使えなくなったと思われた方のヒントになればと思いブログを書きました。

今回はスマートフォン(iPhone)のリハビリに活かせる機能についてです。
iPhoneにはアクセシビリティという機能が付いています。
設定 → 一般 → アクセシビリティ という順序で開けることができるのですが、ここには手が不自由だったり、目が見にくかったり、声が聞き取りにくかったりする方への補助機能が標準装備されています。

例えば・・・
文章の読み上げ機能があったり、ズーム機能があったり、補聴器接続機能があったり、と様々な機能があります。
私がその中でも良いなと思ったのがスイッチコントロール機能。
スイッチコントロール機能を使うと、この写真のような青い枠のカーソルが出現し、タッチする場所を順番に示してくれます。

笹岡OT10月ブログ写真


iPhoneに接続可能なスイッチ(家電量販店に売ってたり、福祉用具としても売ってます。)を接続することで、画面に触れなくてもスイッチでの操作が可能になります。
細かな指の操作が必要なくなるので、身体機能の評価は必要ですがスイッチを押せる部位があればスマートフォンを使うことができる機能です。
もちろんiPadでも使用できます。

今回はIT機器の一部を紹介させていただきましたが、普段使っている物品、生活用品でも少しの工夫で使えるようになるものはたくさんあると思います。
療法士が残存している身体機能を評価して、使用できる環境を整えることでできる活動も増えてくると思います。
利用者様の使いたい、使ってみたいといった思いが叶えられるように、療法士として様々な情報にアンテナを張っていきたいと思います。

作業療法士 笹岡 和樹

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。