FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第36回近畿作業療法学会
朝夕はコートが要るようになり、葉も色づき紅葉の季節となりましたが、
皆さん如何お過ごしですか。

先日は、近畿圏域で活動する作業療法士が和歌山県に集まり、
第36回近畿作業療法学会が開催されました。
かなえるリハビリ訪問看護ステーションからは伊藤と私が登壇してきました。
伊藤は、訪問看護ステーションや児童発達支援事業、保育所等訪問支援事業から、
地域で障がいのあるお子さまを支援する重要性や作業療法士の役割りについて講演しました。

関本OT11月ブログ写真4

私は、地域支援事業のひとつである認知症初期集中支援チームという、
介護や医療に関わっていない認知症の方々を早期に支援するチームについての
進捗報告をしてきました。

関本OT11月ブログ写真1

障がいに関わっている方や、緩和ケア、認知症に関わってる方、精神科、就労支援に
関わっている方とも情報交換ができ、多岐にわたる支援の重要性を改めて見つめ直す
機会となりました。

0歳~100歳それ以上の方々にも、地域で元気にその人らしく生活出来るお手伝いが
出来る様に、自己研鑽していきたいと思います。

せっかくの機会なので、和歌山城にも行ってみることにしました。

関本OT11月ブログ写真3

天候もよく、紅葉も始り沢山の方が観光でこられてました。
天守閣までは急な石畳の階段で、「高齢の方が登るのはたいへんですよね。」と
一緒に行った作業療法士の方と話ながら歩いていました。
帰り際に、ご高齢の男性グループから「この道を行けば天守閣へ行けますか?」と。

私は「このまま進むと天守閣に着きますが、急な階段で歩きにくいですよ。」とお伝えすると、
男性からは「それは覚悟の上です!」と力強い言葉を残して、颯爽と天守閣へ向かって行かれました!

関本OT11月ブログ写真2

その後に、「私たちが決めつけて諦めてはいけませんね!」と話ながら帰路につきました。

作業療法士 関本 充史

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。