皆でかなえる、皆で繋がる
『バリアフリー2017』
こんにちは、広報課の川口です。

4/20から4/22の3日間、大阪のインテックス大阪で
高齢者・障がい者の快適な生活を提案する、総合福祉展「バリアフリー2017」
同時に、高齢者医療に焦点を当てた専門展「慢性期医療展2017」
看護職へ向けた看護用品や関連サービスの最新情報を発信する「看護未来展2017」の3展が開催されました。

5565.jpg

最新の製品展示や多彩な企画コーナーに加え、
専門のセミナーも多数開講されるなど、
介護・福祉・高齢者医療・看護に関連する展示会として、
医療・看護・介護業界の方から高い注目を集めています。

201588.jpg
978.jpg

会場には様々なブースが出展されており、
情報収集のため、当ステーションの職員達と共に行って参りました。

私は、主に福祉用具のブースを見学しました。
会場内は来場者が多く、とても活気がありました。
個人的に気になった商品をいくつか紹介させていただきます。

バリア01
バリア02

簡単・安全な移乗の実現を重視して設計された2wayベッド。
ベッドと車いすの移乗を簡単かつ安全に行えるように配慮されています。ベッドの一部をそのまま車いすとして使えるため、高齢者を抱えて持ち上げる介護職員などの負担が少なくなり、転落事故のリスクも減りそうです。

IMG_4670.jpg

各社、最新の浴槽を展示されていましたが、中でも気になったのが車椅子に乗ったままの姿勢で入浴できる介護浴槽。介助者の負担も軽減で安全快適に入浴できます。

IMG_4729.jpg
IMG_4735.jpg

滑り止めシートは、食事の場面や車椅子の座面やクッションに使用でき、私も車椅子での滑り止めを体験してみましたが、シートを使うと安定性し操作性も向上しそうです。

IMG_4661.jpg

お箸に装着できる補助具。箸先を合わせる難しいコントロールや挟むための力は必要なく、グリップで箸を安定させ指を動かすだけで簡単に使えるそうです。


などなど、他にも各社ブースで最新の介護・福祉用具の充実した展示が見れました。

今回、参加させていただき、
介護・福祉・医療の専門職はもちろん、高齢者・障がい者とそのご家族までが、
各業界の最新情報を知り、触れることができる場だと感じました。

また、各ブースで自身のニーズを伝えることができれば、
将来の介護・福祉用具に反映される可能性もあるかもしれません。

次回、「バリアフリー2018(2018年4月19日(木)~21日(土))」の開催も決定しているそうですので、興味をお持ちの方は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。


広報部 川口


bbann900-01.jpg

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.