FC2ブログ
皆でかなえる、皆で繋がる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『訪問療法士のつぶやき』
例えば世界最高峰エベレスト。
ただ登頂するだけでもすごいこと。
でもさらに無酸素で登る人もいる。単独無酸素で登る人まで。

当然のごとく条件がつけばつくほど難易度は高くなる。そして中には敗退する人もいる。亡くなる人だっている。

酸素を使って登った人は、無酸素で挑んで敗退した人を嗤うだろうか。
単独無酸素で登った人は、酸素を使って登った人を嗤うだろうか。
そこにはそれぞれの生き方がある。


ある利用者の話。

片麻痺があって足が上がりにくい。そのせいで歩行時にかなりの努力を必要とする。体のバランスも崩れ、筋緊張も上がる。
療法士がみると装具を勧めたくなる。楽に歩ける、安全に歩ける、スピードも上がる。そして全身の使い方のバランスがよくなることで、二次障害が予防できる。

でもその人は装具は断固拒否する。簡単なサポーターですら。


どんな条件で目標にチャレンジするかは、チャレンジャーが決めること。
楽さがすべてじゃない。
安全がすべてじゃない。
スピードがすべてじゃない。
そこにはそれぞれの生き方がある。

サポートする人が決めることじゃない。
すべてを知った上で、チャレンジャーが決めること。



bbann900-01.jpg

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。