皆でかなえる、皆で繋がる
『第51回 日本作業療法学会』
こんにちは、取締役の関本(作業療法士)です。
9月22日(金)~24日(日)の3日間、東京国際フォーラムで第51回 日本作業療法学会が開催されました。

IMG_0325.jpg
IMG_0324.jpg

年に一度の開催で、日々の研究成果や臨床での有用なアプローチを共有することができ、全国から集まる作業療法士が自己研鑽する機会となります。

当社からは、基調講演の司会や座長、モーニングセミナーの講師、私を含めた演題口述発表3名と、大忙しの3日間でした。

IMG_0336.jpg

演題発表するうちの2名は5年未満の臨床経験者ですが、堂々と発表し質疑応答にも落ち着いて受け答えしており、発表した内容も皆様よりご好評頂きました!
いつの間にか、若手達も立派に成長しており、嬉しかったですね。

IMG_0328.jpg

また、起業している作業療法士が集まる「起業・経営OTサミット」へも参加し、日々取り組まれている事業について聞くことができました。

IMG_0330.jpg

こうして日々の臨床を発表することは、有用性を検証していくだけではなく、全国で共有することで当事者の方々へお役に立てるような内容を発表せねばと身が引き締まると共に、新たな取り組みへの活力にもなりました。

発表した二人からもコメントがあります。



作業療法士 下川


こんにちわ、作業療法士の下川です。
第51回 日本作業療法学会に参加させていただきました。
一昨年の学会でポスター発表を経験させていただいたのですが、
今回は2年ぶりの発表となり、初の口述発表をさせていただきました。

発表の準備でバタバタしたり、東京駅に荷物を忘れたり、緊張でお腹が痛くなったり、
新幹線に遅れそうになり猛ダッシュ等々、ドタバタの3日間でした(笑)

今回、訪問で担当した学童期のお子さまへの関わりについてを発表しました。
内容としては、普通高校に通う重症心身障がい児に対し、主体的に授業に参加する方法として
タブレットを用いての関わりを提案し、実施したことについて報告しました。
結果として、タブレットを使用して授業に参加でき、タブレットを使う活動に対し少しずつ主体的な活動が見られるようになりました。
まとめていくなかで、もっとこんな関わりが必要だったのかな、などと考えさせられることもありましたが、考え直す機会が非常に有意義であり、今後に活かしていきたいと強く思いました。
発表後には同じような担当をお持ちの作業療法士の方からも声をかけていただき、良い意見交換もできました。
準備にまだまだ足りないことが多く、先輩方に助けて頂きながらも無事に終えることができました。
準備から発表までの中、自らの業務を振り返る機会となり、課題も多く見つかりました。
また後輩達が堂々と発表しており、より一層の刺激を受けるとともに、自分も負けないように努力を積み重ねていかねばと感じさせられました。発表を通じて自分の考えを整理し、まとめ、他者に伝えるということの重要性を再認識しました。
この気持ちを忘れず、これから日々の業務に還元していき、精進していきます。






作業療法士 竹田


こんにちわ、作業療法士の竹田です。
昨年、私は見学者としての参加でしたが、今年は発表者として参加しました。
発表の内容は、訪問リハビリで数ヶ月に渡り関わらせて頂いた方の症例報告。
この方には、「生活行為向上マネジメント」という、
「その方の人生にとって大切な作業」に目を向けたリハビリのツールを用い関わらせて頂いておりました。
上に挙げたツールは、今後も使用していきたいと考えているため、
今回、丁寧に振り返ることができて良かったです。

発表に際して先輩方にご指導頂きながら考察を深めていく中で、
自分では言語化できていなかった部分を整理、言語化することができ勉強になりました。

発表の準備、最後は朝方まで諸先輩方に付き合って頂きました。
深夜、体力との勝負になり睡魔に負けそうな時間帯もありましたが、
良い発表の為にと、協力してくださる先輩方のおかげで最後まで頑張ることができました。
その背中を見て、私もしっかりと受け継いでいきたいと思います。

苦しかった準備と、発表を終えた今、
また来年も発表できるように頑張りたいと決意を新たにしました。





帰りの東京駅へ向かう途中、発表を頑張ったご褒美にと老舗のもんじゃ焼屋さんへ!
すごい行列でしたがとても美味しく、新幹線の時間も忘れてついつい注文し過ぎてしまいました(笑)。
もんじゃ焼を食べ英気も養ったので、明日からの臨床に活かしてもらいたいと思います。


取締役 関本

bbann900-01.jpg

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.