皆でかなえる、皆で繋がる
『福祉用具』
こんにちは、作業療法士の中島です。
今回、電動車椅子を使い始めたAさまのお話をさせていただきます。

Aさまは右半身に麻痺の症状があります。
症状が出る前は、家族4人の家事をこなされながら働くお母さんでした。
今でも、訪問リハビリを受けながら家事や身の回りのことをご自分でされています。

今年の夏、Aさまの住んでおられるマンションの改修がありました。
出入口がバリアフリーになったことで、今まで利用できなかった電動車椅子を導入されました。

電動車椅子はどうですか?と伺うと、
「使い始めて世界が変わった。」とおっしゃいます。

「横断歩道を渡るとき、道の真ん中で赤信号になってしまうと凄く怖かったんですが、電動車椅子に乗っていると不安なく渡れるようになりました。あと、買い物がとても楽になりました。誰にも頼らず自分で買い物に行き食材を選べるので、いつもマイペースでいられます。でも、操作が難しく慣れないところもあるので、コツなどあれば教えてください。」とおっしゃっていました。

電動車椅子を導入されて三ヶ月が経ちました。
今では電車に乗ったり、一人で外出をされるようになったそうです。

Aさまは諦めていたことが、福祉用具を使うことで可能になるのだと実感されたそうです。「福祉用具を使うことで生活が変わるなら、どんどん使った方がいい、ただし自分の状態を理解した上で使うことが大切なんだと思います。」とおっしゃいます。

IMG_2406.jpg

福祉用具は24時間、利用する方に寄り添うことができるものです。適切に使用すると心や体はもちろん、その方の世界まで変えることができるものだと思いました。


作業療法士 中島

bbann900-01.jpg

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かなえるリハビリ訪問看護ステーション. all rights reserved.